これだけは知っておきたい!!宮崎の耐震住宅!

今からでも間に合う南海トラフ地震から我が家を守る耐震方法教えます! 優良耐震施工会社ご紹介いたします、

地震について

地震保険が保険料が「値下げ」大幅改定!

地震保険が値下げされるエリアも!

こんにちは、宮崎で耐震診断士鎌田です。

住宅の耐震も視野に入れつつ、今日は地震保険のお話です。

今年の1月1日から制度の大幅改定が行なわれました。

最大の変更点

大きな変更点は、保険料の「値上げ」です。地震保険は高いという印象がありますね。(実際高いですし。。)

その上、全国平均で5.1%引き上げられます。

さらにこの先、平均19%まで段階的に値上げされる見込みです。

地震保険には入るべきか?

逆に値下げの地域もありますがザンネンながら、宮崎は値下げの対象に入ってないです。

値下げ対象の地域

愛知、三重、和歌山、大阪

地震保険料の算出には

建物の構造

木造非木造かの

地震発生のリスク

3段階に区分け。「住居の所在都道府県」によって算出されます。

住宅ローンと預貯金の額が境界線

「多額のローンが残っている人は、被災すると住む場所を失い、残るのは借金だけという最悪の事態に陥りかねない。

預貯金が少ない人も被災後の生活再建がゼロからのスタートになる」(ファイナンシャルプランナーの平野敦之氏)

こうした場合は加入を検討してよい。逆にローンがなく預貯金がある人は、慌てて加入する必要はない。

マンションは「管理組合」が加入しているかがカギ

マンションの場合、個人で加入する地震保険では専有部分しかカバーできない。

「エントランス、エレベーターなどの共用部分は『管理組合』が保険に加入します。

共用部分が未加入のマンションが被災すると、巨額の修繕費用がかかるため、

修繕積立金の不足分は個人の追加負担となります。その場合、修繕の合意形成は困難になるケースがあります」(清水氏)

個人の加入だけでは、十分な補償は期待できない。管理組合が未加入の場合は注意。

液状化リスクがある地域は要検討

東日本大震災では埋立地を中心に約2万7000戸が液状化の被害を受けた。

地震保険は、地震が原因の液状化による住宅の損害もカバーします。傾いたり、沈み込んだりした場合、家屋そのものが損傷

していなくても『全損』と認定されるケースもあります」(清水氏)

『出典:(マネーポストWEB)

総合

地震保険の値下げの地域リストに入っていない、宮崎県は、地震が来る恐れがあると

保険会社から判断されているようです。

怖い話ですが、こればかりは予測出来ないです。

地震保険の分を耐震補強に回して、家を強化するか?判断に迷うところですね。

新築で、地震保険を考えている方は、その分を先に耐震補強に充てるという考えも考慮してください。

スポンサードリンク

-地震について