これだけは知っておきたい!!宮崎の耐震住宅!

今からでも間に合う南海トラフ地震から我が家を守る耐震方法教えます! 優良耐震施工会社ご紹介いたします、

地震について

やがて迫り来る地震災害! あなたの住まいは大切な命を守ってくれますか?

2017/02/23

こんにちは、宮崎で耐震診断士鎌田です。

阪神・淡路大震災…。あれから22年も経ってしまったのかと、私は思いますが、若い方はこの大地震を知らない方もいるでしょう。

約6400人もの尊い命が奪われた1995年の阪神・淡路大震災や記憶に新しい熊本県を襲った大地震。

近い将来、首都圏直下型地震や東海地震、東南海・南海トラフ地震などの発生も予想され
被害を増大させない地震防災対策が迫られています。

宮崎県に、大きな被害を及ぼすと思われるのは上記の地図に示す日向灘沖南海トラフ地震です。

我が家が凶器になる!?

まさか、自分の家に殺される何て思いもしないでしょうが

1995年の阪神淡路大震災では、家屋、家具類などの倒壊による圧迫死と思われるものが87.8%も占めています。

このことから、住宅の耐震補強や、家具の固定が、非常に大切なのがわかりますね。

阪神・淡路大震災では、地震の起こった時間が、明方近かったために未だ、就寝中の方が多かった。

そして、消火活動の遅さが、テレビ中継で焼けていく住宅を、まざまざと見せつけられた光景が今でも目に焼き付いています。

私たちを守るべき住まいが地震の揺れに耐え切れず、一転して凶器となったのです。

あなたの住まいは地震に耐えられるでしょうか。。。?

スポンサードリンク

-地震について