これだけは知っておきたい!!宮崎の耐震住宅!

今からでも間に合う南海トラフ地震から我が家を守る耐震方法教えます! 優良耐震施工会社ご紹介いたします、

耐震工事情報

住まいの工夫1(屋内編)

2017/06/24

こんにちは、宮崎で耐震診断士鎌田です。 今日は、より安全性の高いくらしのためのお話です。

いくら、耐震をして、家を丈夫にしても、中の家具等の転倒や散乱で、ケガや下敷きになってしまったり、避難が遅れたりしては耐震の意味がありません。
家具等の固定方法や置き方を工夫して、屋内の安全性を高めましょう

屋内編

家具や電化製品等の転倒防止

家具等は、建物の揺れ方、形、重心の位置、床の条件などによって、さまざまな動き方をし、転倒する場合があります。移動や転倒を防ぐには、金具等でしっかりと固定することが大切です。

 

ガラスの飛散防止対策

食器棚やサイドボードのガラス面は、転倒して割れるだけでなく、中の物が飛び出そうとする衝撃で割れることもあります。ガラス面に飛散防止フィルムを貼ったり、扉開閉防止用具を設置するなどの対策をたてましょう。

大型家具・電化製品等の配置の工夫

家具が倒れてきて下敷きになったり、避難経路がふさがれてしまう場合があります。たとえ家具が転倒しても、危険が及ばない位置に配置するなどの工夫をしましょう。
就寝場所も家具等の転倒・ガラスの飛散から外れる位置にしましょう。

屋外編

より安全性の高い暮らしのためのアドバイス
阪神・淡路大震災では、約1,500件のブロック塀が倒壊。
数十名の方が倒壊したブロック塀の被害に遭い、倒れた塀が道路をふさいで、避難や救助・消防活動を妨げました。
そのほか、屋根瓦の落下、エアコン室外機の転倒など、住まいの外には、危険物がたくさんあります。屋外も忘れすに地震対策をしましょう。


『出典:一般財団法人 日本建築防災協会

 

スポンサードリンク

-耐震工事情報