これだけは知っておきたい!!宮崎の耐震住宅!

今からでも間に合う南海トラフ地震から我が家を守る耐震方法教えます! 優良耐震施工会社ご紹介いたします、

地震について

海底観測網、整備遅れ 日向灘など南海トラフ西側情報がわからない!?

2017/06/24

南海トラフ地震

こんにちは、宮崎で耐震診断士鎌田です。 今日の宮崎日日新聞の記事によると、東海-九州沖の太平洋海底にある南海トラフ沿いで発生が想定される、マグニチュード(M)8~9級の巨大地震になると記載されています。

国は30年以内に70%の確率で起きるとして対策を進めていますますが、日向灘を含む南海トラフ西側の海底では、地震や津波の観測網整備が遅れている。海底にケーブルを引いて専用機器を設ければ、地震や津波発生を素早く検知し、メカニズムの研究も進むことが期待され、「空白地帯」解消は本県にとって課題である。という記事がありました。

まとめ

これは、正確な、情報が私たち宮崎県民には伝わってきていないということです。いち早くの整備と、ご自身での耐震対策をやるべきだと、私は思います。

スポンサードリンク

-地震について